ル・クルーゼ ガイア レバーモデル チェリーレッド LM-150 CL150CR

CL150CR

9,720円(税720円)

定価 12,960円(税960円)

ル・クルーゼ ガイア レバーモデル

レバーを上下に往復させるだけでコルク栓をスムーズに抜くことが出来るレバーモデルは、スクリュー部分にNASAの技術が活かされており、「1分間で8本のワインを抜いた」としてギネスブックにも掲載されたモデルです。機能性は世界中で高く評価されています。

世界で最も優れたル・クルーゼのワインオープナー
簡単、スムーズ、確実。使いやすさを極めた機能と、洗練された無駄のないデザインが世界中で愛されているワインオープナー。ソムリエからワイン愛好家まで、絶大な支持を得ています。

商品詳細
サイズ:幅19×高さ12cm
本体重量:350g
生産国:中国製
カラー:Red
※ネーム入れ不可商品

ご使用方法
ボトルトップにセットし、片手でグリップをしっかり固定、レバーを前後に動かすだけで瞬時にコルクを抜き取ることができます。
抜いたコルクを本体から外す時も、レバーの往復で簡単に取り外すことが可能です。
※ボトルにセットする際は、グリップをしっかりと握って固定してからレバーを動かしてください。


ル・クルーゼ コルクスクリュー物語
1979年、それまでの概念を変えるワインオープナーが誕生しました。
「誰でも簡単に開けられて、しかもコルクが崩れないワインオープナーをつくれないものか」。今から約25年前、ワイン愛好家で石油採掘技術者ハーバート・アレン氏はそう考え、「失敗のないワインオープナー」の制作に着手。まず目をつけたのが、石油発掘に使われていたスクリュー(らせん針)でした。しかしらせん針だけではワインオープナーにはならず、問題は「コルクとスクリューの抵抗をいかに少なくするか」「いかにスクリューをコルクの中心に通すか」でした。試行錯誤の末、アレン氏が取り入れたのが、ロケットの大気圏突入時に抵抗を軽減するためにNASAで開発された「特殊コーティング」。この技術により、らせん針のスムーズな挿入が可能に。また、らせん形状の設計とコルクに進入してからの力配分を科学的に分析。実験を重ねて、中心に通すという課題をクリア。それまでどこにもなかった理想的なワインオープナーが、こうした経緯をたどって誕生したのです。

レビューはありません。

カテゴリーから探す